不動産引き渡しの際のあれこれ

本日、中古住宅の引渡決済日でした。不動産の引渡は、売主、買主だけでなく、銀行や司法書士の先生も同席し、実行します。不動産会社として、問題なく引渡(登記)できるよう、細心の注意を払い、当日臨みます。今回の中古住宅は、昭和56年6月以前の建物ですので、登録免許税や住宅ローン減税が受けれない物件ですが、売主さまが耐震リフォームをされたおかげで、軽減措置を受けることができました。大野市役所、福井地方法務局の申請窓口の担当者からは、稀なケースらしく(「大野ではじめて」と「法務局でやったことない」)、弊社も大変勉強になりました(買主様のメリット大です)。
また、今回は個人売買瑕疵担保保険を付保しました。新築住宅では瑕疵担保履行法により、構造や防水など住宅の主要部分に10年の保証を付けることが義務化されていますが、中古住宅市場では未だ馴染みのない保険です。今後は、中古住宅も義務化の方向に動いているので先駆け的な事例となりました。
これからも、お客様に安心をお届けできる、地域に根差した不動産会社を目指していきます。