定住・移住のための補助金・助成金情報

経済面を軽減!新築、中古、リフォームでも適用可。 あなたとご家族のために活用ください。

住宅系補助金

大野市の住宅系補助金

◇結の故郷越前おおの新婚世帯同居住宅取得・リフォーム事業

リフォーム工事費用の一部を補助(施工は市内業者に限る) リフォーム工事費の1/3  上限額50万円  

 

◇結の故郷越前おおの多世帯同居住宅取得・リフォーム事業

補助対象となる住宅を新築する費用の1/20、またはリフォーム工事に要する額の1/3に相当する額(千円未満は切り捨て)を補助。但し、補助金額の上限は25万円。
補助を受けた者(多世代世帯)が3年後も一定の補助対象者の要件を満たしている場合、申請年度と同額の補助金交付申請をすることができます。  

 

◇浄化槽設置整備補助

50人以下の合併処理浄化槽の設置費用に対して補助 35万2,000円~58万8,000円

 

福井県の住宅系補助金

◇県産材を活用したふくいの住まい支援事業(新築)

●住宅の要件等を満たし、敷地面積が200㎡未満のもの : 30万円
●住宅の要件等を満たし、敷地面積が200㎡以上のもの : 40万円
補助対象の住宅に越前瓦を使用する場合、1㎡あたり1,000円を上乗せする(上限10万円)

 

◇県産材を活用したふくいの住まい支援事業(リフォーム)
県内工務店が手がける住宅のリフォームを行う方に対して、一定量以上の県産材を使用した住宅のリフォームに補助金が交付されます。
対象となる工事:増築、改築、模様替え、修繕など住宅の新築以外の工事
対象となる部分:住宅の本体およびその外構工事(塀、蔵、小屋、車庫、ウッドデッキ等)
●構造材、造作材等で㎥換算したもの・・・7,000円/㎥
●造作材、板材等で㎡換算したもの ・・・5,000円/㎡
1件当たり15万円 ※上記により算出した金額が15万円以上の物件のみ対象
補助対象の住宅に越前瓦を使用する場合、1㎡あたり1,000円を上乗せする(上限10万円)
越前和紙を使用した場合、越前和紙の使用面積1㎡あたり1,000円 を上記金額に上乗せする(1万円以上10万円以内)

 

国の住宅系補助金

◇すまい給付金
床面積が50㎡以上である住宅 住まい給付金を受けることができる方は、収入が一定以下(上の表参照)で住宅の所有者であり居住者  最大30万円  
◇住宅ローン減税
最大控除額400万円/10年間   借入ローン額の低下による金利負担軽減有

 

移住系補助金

大野市の移住系補助金

◇結の故郷越前おおの移住定住奨励金

大野市へ移住定住された世帯  20万円(ただし、2回に分けて交付)
※他に条件有 ※越前おおの定住取得支援事業と併用可

 

生活系補助金

大野市の生活系補助金

◇児童扶養手当

3歳未満の児童   1人月1万5,000円
3歳~小学生の児童 1人月1万円(第三子以降は、1万5,000円)
中学生の児童    1人月1万円
※上記に関わらず高額所得者は児童1人月5,000円  

 

◇子ども医療費助成事業
大野市内の中学生までの児童に勝型医療費を助成
小学校未就学児 : 医療保険が適用される医療費のうち自己負担額すべて
小学生~中学生 : 医療保険が適用される医療費に対する自己負担額のうち、医療機関ごとにつき500円を超えた額

 

◇結の故郷すこやか・ゆめみらい応援券
大野市内店舗で使用できる年額10万円の商品券を最長3年間交付します
結婚 : 平成26年4月1日以降に結婚した方
出産 : 平成26年4月1日以降に産まれた子どもを養育している方
※市外で結婚・出産した世帯であっても、大野市に転入し、定住する場合は対象となります。
交付要件
●大野市に定住すること
●大野市税に滞納がないこと
●結婚した時の妻の年齢が45歳未満であること
詳しくはこちらのリンク先をご参考ください